見た目の変化を楽しむ
通常モデリングで使う表示モードは、ワイヤーフレームとシェーディングとレンダリングの3種類ほど。

ペンシェーディングはモデリング中にはめったに使わない。
というか使わない。

これは見た目を漫画っぽくするときに使うものです。

そんなペンシェーディングですが、設定を変えると、より漫画っぽくできます。

17
今回用意した、オブジェクトの表示モードをペンに変えてみます。

18
これがデフォルト設定のペンシェーディングです。

影の設定を変えてみましょう。

19
赤矢印でさしている、シェーディング効果を標準から変えます。

20
平行線に変えました。
それから、いろいろ数値をいじってみると…

21
角度も斜めにし、線の太さも細くすれば、漫画っぽくなりますね。
さらに設定を変えてみましょう。

22
シャドウの設定を変えます。

23
一番上の、メモリ使用量をいじると
影の品質を粗い状態から鮮明な状態まで変更することができます。

24
今回は漫画っぽい雰囲気にするため、最大にします。
これで設定すべきところはOKです。
あとはお好みで変えてみましょう。

25
影の色も変えることができます。

…と、まあ、普段使うことのないペンシェーディング表示ですが、設定を変えることで楽しむこともできます。

18
上が、デフォルトの設定。
下が、設定変更後。
26
 

【書籍PR】Rhinocerosで極める 3Dデジタルデザイン
【書籍PR】Rhinoceros+Grasshopper建築デザイン実践ハンドブック