グリッドの広さや線の間隔などは、テンプレートによって設定されています。
テンプレートを自分でつくり、使っていく方法もありますが、
今回はモデリング中にグリッドを広げたくなったときに対処する方法を書きます。

28
オブジェクトがあります。グリッドから思いっきりはみだしていますね。
気にしないでモデリングする方もいますが、気になってしょうがない方もいるでしょう。
グリッドの広さを変えるには…

29
Gridコマンドを使います。
ツールバーのどこにアイコンがあるのか、探すのが面倒なので、筆者はいつも手打ちで実行しています。

30
そして、グリッドの範囲を変えます。
100から200に変えてみました。

31
これでグリッドの範囲が広がりました。
これで終わらせると、パースビューだけが変更された状態で、
他のビューにいくとグリッド範囲が狭いままです。

32
コマンドプロンプトの右端に、適用先がありますので、ここをクリック。

33
適用先がすべてのビューポートになっていればOKです。

モデリングするオブジェクトの大きさによっては、使う機会がないコマンドですが
狭いな…と感じたときにはぜひ利用しましょう。 

【書籍PR】Rhinocerosで極める 3Dデジタルデザイン
【書籍PR】Rhinoceros+Grasshopper建築デザイン実践ハンドブック