普段モデリングしている時、
作業平面はデフォルトの角度のままでも殆どの場合は問題無いと思います。

ただし、回転対称のものをモデリングしている場合には、
作業平面を回転させたほうが良い場合もありますので
今回は六角形のスケッチを例に、作業平面の回転について紹介していきます。


六角形のスケッチで、ある辺の長さを変更しようと思った時、
単純にスケール調整すると誤った方向に動かしてしまうことがあります。
(これの解決法はいくつかありますが、今回は作業平面を回転させて対処します)


コマンドは[_CPlane]を使いますが、
ツールバーの「作業平面を回転」からアクセスしたほうが簡単です。
最初に回転軸を決めます。今回は原点位置のZ軸方向を中心に作業平面を回転させます。
回転軸を決めたら回転角度を指定して完了です。


作業平面を回転させたことで、X軸とY軸の方向が辺に対して水平&垂直になったので
ガムボールのスケール調整がしやすくなりました。


作業平面を元に戻すには、
「作業平面をワールドTOPに設定」を実行すればOKです。

P.S.
今回、画像ではなく動画を用意して解説しましたが、あまり見やすくなった気はしませんね。
やはり基本は画像と文章で、おまけで全体の流れを動画で補足するのが良いでしょうか。 

【書籍PR】Rhinocerosで極める 3Dデジタルデザイン
【書籍PR】Rhinoceros+Grasshopper建築デザイン実践ハンドブック